関連のリンク:

2005年12月09日

xBox 360 と Sarbanes Oxleyの不思議

マイクロソフトCEO(最高経営責任者)スティーブ・ボゥルマーは、このクリスマスシーズンに「xBox360ゲームコンソール」を自分の足で買いにいかないといけない。

”まだ子供たちは「xBox 360」を持っていません。サーベンスオックスレー法の不思議で、経営陣は「xBox 360」を会社でもらえません。” 会社から受け取るとなると、マイクロソフトは開示基準のもと「xBox 360」をボゥルマーの所得として開示しなければならなくなるのだ。

「xBox 360」は、北米で11月22日に発売開始された。マイクロソフトは、来年6月までに世界中で550万台の販売を見込んでいる。

Copyright Reuters 2005
米国2005年12月8日(木) 記事抜粋
posted by moriwaki-cpa at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

米国会計基準簡素化、上場大企業監査へ門戸

SEC(米国証券取引委員会)議長、クリストファー・コックスは、AICPAに対し、SECは”より明確で率直な見えやすい会計基準と会計基準適用についての提案を考えている”と述べた。

”我が国と世界を騒がせた会計粉飾事件は、単に会計基準の複雑さから起こるべくして起こったという部分もある。””「詳細の茂み」に会計不正行為が隠れないように会計基準を簡素化すべきだ。””現行の会計基準は、投資家を護る盾というよりは、振り回すための刀のようになってしまっている。”

またSEC議長は、監査人間の競争がないことについて嘆いた。アンダーセンが2002年に崩壊してから、4大監査法人(デロイト、アーンスト&ヤング、KPMG、PWC)となってしまい、
たった4つの大監査法人が上場会社の80%の監査を行っている。企業収入でみると99%を監査していることになる。

”監査ビジネスの激しい集中化は米国にとってよくないことだ”と議長は言う。SECはすでに中小の会計事務所が(上場企業の)監査サービスを行えるよう障壁を下げ門戸を広げるよう動き出している。また、大企業監査に競争が入るようにルールを書き換えることも考慮しているという。

米国2005年12月6日(火) 記事抜粋


posted by moriwaki-cpa at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北米企業のSOX準拠コスト

北米企業財務責任者15,400人から成る組織、FEI(Financial Executive International)によると、平均売上$5b(120円で6,000億円)217社対象調査結果、SOX準拠実施費用は$4.4m(120円で5億2800万円)とわかった。

また、AMRリサーチ社調べによると、北米全体のSOX準拠コストは以下のとおり、

        2003     2004    2005

合計     $2.5b     $5.7b   $6.1b
(120円で  3,000億円 6,840億円  7,320億円)

内部人材    55%     44%    42%
外部コンサル  40%     33%    29%
技術(IT)    5%     19%    28%

米国2005年12月6日(火) 記事抜粋







posted by moriwaki-cpa at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サーベンスオックスレー法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

サーベンス・オックスレー(SOX)準拠費用、2006年度見込み

AMRリサーチ社の調べによると、2005年度サーベンスオックスレー法準拠に$6.1b(120円で7千320億円)が費やされたとみられるが、来年2006年度も同様に$6b(120円で7千200億円)が費やされる見通しのようだ。この調査は、300以上のビジネスやITリーダーを対象に行われた。

ただ、2006年度の予算の分配には、違いがあるようだ。内部人材に費やす予算は約8%減り、一方(IT)技術の予算は13%増加する。(監査人フィーを含まない)外部コンサルタント費については、前年同様のようだ。

$2.3 billion (39%) - 内部人材
$1.9 billion (32%) - (IT)技術
$1.8 billion (29%) - 外部コンサルタント

(IT)技術がSOX準拠活動の中で、益々重要な役割を果たしてきているようである。技術を導入した自動化に向けて、2005年度では、現存のビジネス・ITコントロールの整備をしてきたと報告する会社が多々あった。

”こういった予算の傾向をみると、SOX準拠について長期的なアプローチを取っていることがわかる。人件費から技術費とへ予算が推移しているのは、繰返し対応が可能でありコスト効果があるからであろう。”とAMRリサーチ社副社長ジョン・ハガティ氏。

またAMRリサーチ社の調べでは、39%の会社が既にSOX対応・運用ができており、37%の会社が2005年度内にSOX対応準備が完了すると答えている。しかしそれでも、80%以上の会社が、2006年度に既存環境に更なる追加・改良を加えていく予定らしい。

© 2005 SmartPros Ltd. All rights reserved.

米国2005年12月1日(木) 記事抜粋
posted by moriwaki-cpa at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サーベンスオックスレー法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。