関連のリンク:

2005年10月31日

ワールドコム 集団訴訟 証券発行引受人支払い

ワールドコム(WorldCom)の2002年米国最大規模$11b(115円で1兆2,650億円)会計粉飾詐欺並びに倒産に関連し、株やBond(債権)への投資家たちは、数々の集団訴訟(Class Action)により9月、合計額$6.1b(115円で7,010億円)を回収できる見込みとなっていた。
その内$651m(115円で748億円)を、投資銀行や証券会社が機関投資家に支払うことに合意した。この支払いは23の訴訟(60の機関投資家)をカバーし、訴訟自体はワールドコムの元取締役や役員に向けられたものであったが、Bond(債権)のUnderwrite(証券発行引受)に関わった、JP Morganや Citigroup Inc.を含む17の投資銀行や証券会社によって支払われることとなった。
ワールドコム関連の数々の訴訟の被告には、Deutsche Bank DB, Tokyo-Mitsubishi, ABN AMRO, Westlandes, BNP Paribas, Coboto, Mizuho, Bank of America Corp. BAC, Credit Suisse First Boston CSR, Lehman Brothers LEH, Goldman Sachs Group Inc. GS, UBS Warburg UBS, Arthur Andersen並びにワールドコムの一部役員並びに取締役が含まれていた。元ワールドコム外部取締役は、すでに$60.75m(115円で69億円)の支払いに応ずることとなっており、取締役保険でカバーできない不足分の$24.75m(115円で28億円)は自腹の支払いとなる。

米国2005年10月28日(金) 記事抜粋
posted by moriwaki-cpa at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。