関連のリンク:

2005年11月29日

厳しくなるIRS税務調査

IRSは来年の税務調査で強化を狙っている。所得が$100,000以上の納税者が焦点となるようであり、高額所得者の確定申告書を調査するにあたり、タックスシェルターや事実上経済的目的がない取引がないか見ていく。調査対象者の特定についてはIRSは明かさないが、現金取引の多い個人経営者が的となるとみられる。

昨今IRSでは、税務調査をより賢く行っているようだ。郵便による税務調査は、限られた人員を有効に活用でき、その上大変効果的であると言う。またIRSコミッショナーによると、近年行われている全国調査結果の分析を基にIRSは秘密の算式を作り、それを基に税務調査対象の申告書を選びだすという。更に最近承認された上院法案では、海外の口座を使用して脱税する者や、脱税シェルターを推奨する者に対し、罰金や利息を二倍にできるなど、IRSがより厳しいペナルティを課せるようになっている。

米国2005年11月28日(月) 記事抜粋
posted by moriwaki-cpa at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

IRS 確定申告書作成ソフト 無料配布

IRSのウェブサイト www.irs.gov より、確定申告書作成ソフトが無料で来年から入手できるようになると、IRSは昨日発表した。これは、IRSとソフトウェア会社の4年提携のもとに、所得が$49,582以下の納税者が基本的に利用できる。これは納税者の約7割に相当する。
今年も、ソフトウェア会社が単独で同様のソフトを無料で提供しており、約500万人が利用していた。確定申告書の還付予定金を基に、還付時返済のローンを受けることもできる。利息やローンの仕組みを理解しない納税者を守るために、ソフトウェア会社は利子その他の経費を明確に消費者に開示しなければならない。 

2005年10月26日(水) 記事抜粋
posted by moriwaki-cpa at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

IRSが2006年度ペンション関連制限額正式確定 

2006年度のペンション関連制限額をIRSが確定発表した。各内容は、以下のとおり(英語)
http://www.irs.ustreas.gov/newsroom/article/0,,id=149631,00.html
上記の発表により、401(k)の2006年度の制限額は$15,000と確定した(2005年度より$1000増)。
(ペンションについて更にご興味がある方は、トップ ”関連のリンク:米国税務会計・節税相続ファイナンシャルプラニング・ひとくちメモ ”をご参照ください。)

米国2005年10月14日 Internal Revenue Service発表内容

posted by moriwaki-cpa at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。